【個人輸入代行】海外医薬品のおすすめ通販サイト

海外医薬品が通販できる個人輸入代行サイトを紹介

チェック

医薬品の個人輸入代行サイトでは、海外で流通している海外医薬品を取り扱っています。

国内の医療機関で処方される医薬品と同等の効果が期待でき、処方箋・検査費用などが必要ないため、医療機関よりも低価格で医薬品を購入することができます。

個人輸入は厚生労働省から認められている合法な医薬品の購入方法で、年々利用者が増加しています。
個人輸入と聞くと一見難しそうに聞こえますが、通販方法はAmazonや楽天などの一般的な通販サイトを利用したことがある方なら簡単です。

しかし、個人輸入代行サイトの中には偽物や粗悪品などを販売している悪質な業者もいます。
効果が全くなかったり、健康被害にあってしまう可能性もあるので、個人輸入代行サイトを選ぶ際には注意が必要です。

ここでは、安全な通販サイトの選び方や個人輸入のメリット・デメリットなどを紹介しています。
管理人が独自に選んだおすすめの個人輸入代行サイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

「はじめてのお薬通販ガイド(当サイト)」では、口コミや評判、実際に利用して安全性・危険性など考慮したうえで個人輸入代行サイトを紹介しています。


安全な個人輸入代行サイトの選び方

通販サイトを選ぶ手

まず初めに、「安全な個人輸入代行サイトの選び方」を紹介します。

法律的にも安全な個人輸入代行サイトという明確な基準などがないため、管理人が20以上の個人輸入代行サイトを利用してみて安全と判断した個人輸入代行サイトの共通点を紹介しています。
例外はありますが、以下のポイントを押さえていれば安全と言えるでしょう。


安全な個人輸入代行サイトの共通点
  • 10年以上の運営実績がある
  • 商品レビューが多い

10年以上の運営実績がある

個人輸入代行サイトでは、悪質な業者もいることからサイトの運営年数は重要です。

悪質な業者は偽物や粗悪品を販売していることから、悪い噂や評判が悪く半年~1年未満でサイトを閉鎖することが多いです。

それに比べ、本物を取り扱っている信頼度の高い個人輸入代行サイトは利用者の評判も良いことから、長い期間運営できます。

大手の個人輸入代行サイトのほとんどは10年以上運営しており、運営実績が長いほど信頼度が高いと言えます。


商品レビューが多い

運営実績が長いことに加えて、商品レビューが多いサイトはより安全性の高い個人輸入代行サイトと考えていいでしょう。

商品レビューが多いというこは、利用者も多いということです。
逆に商品レビューが少ないサイトは利用者が少ない可能性があります。

安全な個人輸入代行サイトでも、利用者が少ないと不安ですよね。
そのため、個人輸入代行サイトを選ぶ際は、商品レビューを見て利用者が多いのか確認しましょう。


管理人一押しの個人輸入代行サイト

ここでは、管理人一押しの個人輸入代行サイトを紹介しています。

サイトによって特徴があるので、用途によって使い分けると良いでしょう。

サイト名
特徴 豊富な種類から選べて安価 取扱商品多数 まとめ買い最大80%OFF お得情報が豊富
運営年数 2008年~
(運営年数:12年)
2009年~
(運営年数:11年)
2008年~
(運営年数:12年)
2008年~
(運営年数:12年)
送料 全国一律1,000円
10,000円以上送料無料
全国一律1,000円
10,000円以上送料無料
送料無料 送料無料

【ライフパートナー】豊富な種類から選べて安価

ライフパートナー
運営年数 送料
2008年~
(運営年数:12年)
全国一律1,000円
10,000円以上送料無料

ライフパートナーは2008年にサービスを開始した、運営年数が長い個人輸入代行サイトです。

運営年数が長く、利用者も多い優良サイトです。悪い噂なども一切ありません。

ライフパートナーは、商品の種類が豊富でなおかつ安いので、種類の多さやコスパの良さから利用者からは高い評価を受けています。

自分にあった薬を選ぶことができるので、便利に利用できる上に、他の個人輸入代行サイトと比較して安価で手に入れることができるので、人気があります。

【公式】ライフパートナーはコチラ

【お薬なび】取扱商品多数


お薬なび
運営年数 送料
2009年~
(運営年数:11年)
全国一律1,000円
10,000円以上送料無料

お薬なびは2009年にサービスを開始、10年以上の運営実績とこれまでの利用者は100万人を突破しています。

業界最安値商品も多く、商品ジャンルも豊富に取り揃えている個人輸入代行サイトです。

利用者からの評判も良く、商品レビューも多く投稿されています。

【公式】お薬なびはコチラ

【ベストケンコー】まとめ買いがお得

ベストケンコー
運営年数 送料
2008年~
(運営年数:12年)
送料無料

ベストケンコー2008年にサービスを開始した個人輸入代行サイトです。
10年以上の運営実績があり、会員数は50万人以上います。

まとめ買いでは最大80%の割引が適応されるため、一度に数箱の注文をするとかなりお得に商品が購入できます。

商品レビューはAmazonのように星1~5までの5段階で商品の評価がされており、人気商品になると1,000件以上のレビューが投稿されています。

クーポンなどのキャンペーンも毎日開催しており、全国一律送料無料となっています。

【公式】ベストケンコーはコチラ

【くすりエクスプレス】クーポン・キャンペーンが豊富

くすりエクスプレス
運営年数 送料
2008年~
(運営年数:12年)
送料無料

くすりエクスプレスはベストケンコーの姉妹サイトで、2008年にサービスを開始した個人輸入代行サイトです。

利用者は30万人を突破しており、クーポン・キャンペーンが毎日開催、全国一律送料無料が人気の秘密となっているようです。

新規会員は、500ポイントや初回限定クーポン(500円)がもらえ、登録するだけで1,000円分の特典があります。

また、くすりエクスプレスはベストケンコーのようにまとめ買いもお得です。
ベストケンコーほどの割引はされませんが、まとめ買いであれば他サイトよりはお得に購入できるでしょう。

【公式】くすりエクスプレスはコチラ

通販のメリットとデメリット

通販のメリットとデメリット

とても便利な薬の通販ですが、メリットとデメリットの両方があります。
通販で薬を購入する場合は、これらを良く頭に入れて利用しましょう。

- MERIT -
  • 薬代が安い
  • 処方せんがいらない
  • 自宅やオフィス、どこでも注文できる
  • プライバシーに配慮してくれる
- DEMERIT -
  • 配送に日数がかかる
  • 決済後のキャンセル不可
  • 基本的に返品は不可
  • 薬の使用に関しては自己責任


薬の通販のメリットは、何と言っても病院よりも安いコストで医薬品を購入できる点です。
Amazonや楽天と同じような感覚で、処方せん無しで利用できます。
通院に必要な時間や手間も省けるので、他人に薬の購入がバレる心配もありません。

デメリットとしては、商品の返品や交換が購入者の都合ではできない点があります。
海外発送のために、商品が届くのに日数がかかる事も注意が必要です。
また、通販商品は自己責任で使用する事は留意しておいてください。

個人輸入代行

飛行機

個人輸入とは、医薬品を含めて海外製品を個人で輸入する行為を指します。

個人輸入を利用すれば国内では手に入らない安価な海外製医薬品を処方せんなしで購入する事ができますが、相手国の業者と現地の言語でやり取りをしたり、税関の手続きを踏んだりと、非常に手間がかかります。

個人輸入代行業者はこれらの手順を個人(注文者)の代わりに請け負ってくれるので、注文者は通販サイトを通して一般的な通販とほとんど変わりなく医薬品を注文する事ができるのです。

守るべきルールは2つだけ

通販サイトを利用すれば簡単に医薬品を購入できますが、個人輸入には守らなければいけないルールがあります。
医薬品を個人輸入する事自体は違法ではありませんが、ルールを破ってしまうと法律に抵触してしまうので、通販サイトを利用する場合は注意が必要です。

医薬品の個人輸入のルールは以下の2つです。

医薬品の個人輸入のルール
  • 輸入者(注文者)だけが注文した商品を使用する
  • 1度に輸入できる量に制限がある(1~2ヵ月分以内)

これらのルールさえ守れば、法律を破らずに医薬品の通販購入ができます。

購入した医薬品は注文した本人のみが使用しましょう。
他人に医薬品を譲渡・転売する事はもちろん、EDの薬を女性が購入するという行為も違法とされています。
また、医薬品には輸入可能な規定量が決まっているので、安いからといって使い切れないほど大量に購入するのは止めましょう。

通販の医薬品使用についての注意点

信頼できる通販サイトで販売されている医薬品は、すでに海外で安全性が確かめられていて、普通に流通している薬です。
そのため、ほとんどの場合で問題なく使用する事ができますが、万が一、体に異常が出た場合は注意が必要です。

通常、国内の医療機関で処方された医薬品で何らかの健康被害を被った場合、消費者は救済措置を受ける事ができます。
通販サイトで購入した医薬品の場合は、この救済措置を受ける事ができません。その事を頭に入れる必要があります。

通販サイトを利用する場合、もしも自分の健康状態に不安があるのでしたら、あらかじめ医師や薬剤師等から相談を受ける事をおすすめします。
注文したい商品と同じ成分・効果を有する医薬品を病院で入手する事が可能であれば、通販で注文する前に一度処方してもらうのも手です。
そして、使用について問題がない事を確認してから、注文してください。

万が一、通販で購入した医薬品を使用して体に健康被害が現れた場合は、速やかに医師の診断を受けましょう。

通販の医薬品使用についての注意点
  • 医薬品の使用については自己責任
  • 医薬品を使用していて異常が出た場合は医師の診断を受ける

個人輸入代行を取り巻く法律

薬の個人輸入は薬機法という法律の下で認められた行為です。
薬機法は通販サイトで薬を購入する注文者だけでなく、サイトを運営する業者も遵守する必要があります。
従って、個人輸入代行業者は厳密な審査の下、製造販売許可や製造業許可を取得し、販売する商品の商人・届け出をしなくてはいけません。
これらは、消費者である注文者の安全を守るための必須事項であり、人気・評価が高い優良サイトは必ず行っているはずです。

しかし、国内に数多くある業者のサイトの中には、違法行為と見られる営業を行っているものも存在します。
一般的に、薬の個人輸入代行業者は以下の行為を禁止されています。

個人輸入代行業者が禁止されている行為
  • 大規模な宣伝や広告をする
  • 国内の倉庫等に在庫を保有する

通販で注文した医薬品は、入金後に海外から発送されるので、自宅到着まで通常7日以上かかります。
それよりもはるかに早く2~3日で商品が届く場合は、国内保管の在庫を発送している可能性があるので、違法な悪質サイトである危険性が高いです。

商品は誰でも早く着いてほしいと思うものですが、異様に早く届くケースには疑いの目を向けましょう。

医薬品個人輸入にかかる消費税や関税

医薬品個人輸入代行にかかる消費税と税金

基本的に、個人輸入代行サイトの通販では消費税や関税はかかりません。
しかし、商品の合計金額が16,666円を超える場合は課税が発生します。

下の表は個人輸入における課税の例(合計金額が25,000円の場合)です。

区分 2014年4月1日以降
消費税の対象金額
(合計金額の60%)
25,000円×0.6%=15,000円・・・①
内国消費税率
(①×0.063)
15,000円×0.063%=945円
※100円未満は切り捨て
内国消費税=900円・・・②
地方消費税率
(②×17÷63)
900円×17÷63=242円
※100円未満は切り捨て
地方消費税=200円・・・③
通関手数料 通関手数料=200円・・・④
課税合計
(②+③+④)
1,300円